スマートシティ技術研究所

基礎理論と先端技術を武器に

次世代の社会インフラ維持管理へ

IoT&AI技術で道路調査

GLOCAL-EYEZ×ROADは,車両にスマートフォンを設置して、走行時の車両応答を計測,解析することで、簡単で安価に、路面縦断形状(凹凸)を正確に推定する技術です。

GLOCAL-EYEZ×ROADは任意の一般車が走行中において路面情報を汎用スマートフォンで収集・解析し、広大な道路ネットワークの状態を準リアルタイムに把握するシステムを道路管理者へ提供します。

の特徴

01

汎用スマートフォンを車内に固定するだけで、路面調査ができます。高価なセンサーや車両改造は不要です。

02

路面性状を高精度で検測するため、車両の振動特性のモデル化が必要です。GLOCAL-EYEZ×ROADは一般走行データを分析するだけで車両モデルの同定して、車両特性の違いを自動的に補正します。振動台試験や特殊な走行試験による車両モデル同定は不要です。

03

東京大学橋梁研究室において長年研究された路面評価技術に基づいています(DRIMS).計測工学,制御工学,データ同化技術,最適化技術等を駆使して,舗装の評価指標であるIRI・平たん性を、専用路面測定車並に高精度で求められる革新的な技術です。

04

ドライブレコーダやスマートフォンから取得した画像に対して,深層学習を適用することで路面変状を検知します。

05

約5分でIRIや平たん性などが算出されます.結果はデータとしてダウンロードしたり、地図上で可視化したりできます。

のサービス

路面性状モニタリング

日常走行している各種業務車両により、大規模、高頻度で路面性状をモニタリング

クラウド可視化

道路点検の実績などを地図上にマッピングし、ビッグデータを統計

道路竣工検査

道路工事修了後、高精度、速やかに工事竣工検査を行う

受託開発

路面性状のビッグデータから路面の劣化特性分析、保守支援モデルの構築

路面性状オンライン解析サービス実施中

(一部無償)

Close Menu